環境改善事業株式会社

お電話でのお問い合わせは
03-5833-9191

アイデンティティ
IDENTITIES

思い

 我が国は、世界一の超高齢化社会 に入り、過去培われた社会ルールの全てにおいて、「カイゼン」「改革」をなし得なければならない地点にいます。※社会構造が劇的に変化して行くことが現実であり、経済規模が縮小し日本国民の社会活動全体が衰退していく事を意味します。これはやがてくる問題ではなく、今、足元にある問題なのです。

 この様な社会や仕組みの中で、今、私たちは現実の社会構造に適した技術・規範・等を希求する企業でありたいと思っています。我々のフィールドである建築においては、社会ストックの優良化・予防保全・事後保全技術等、過去に作られた技術・規範の見直しが急務であり、品質をどう捉えるかが重大な問題となり、今までにない、新しい価値の創造こそがこの問題を解決できると信じています。

 私たちはこの問題に真正面から取り組み、適切な改善提案・改革提案を始め、保全に関する先端技術の開発を通じて社会に貢献して行きたいと願っています。

※(2019年2月の総務省・推定人口発表によれば、65歳以上の人口が3,567万人で占拠率はほぼ30%となり、主要国で最高。)

ご挨拶

 人類が生活をする上で、利便性や経済性を追求するがために犯した代償が様々な分野で社会問題となっております。現代の生活習慣病や公害病、その他様々な健康被害は、現代の医学の目覚ましい発展を持っても解決する事無く、年々増加する一方です。しかしこれらの問題は、人類が発展するためには必要不可欠であった事も否めません。

 私たちは、これらの社会問題の中で環境と言うテーマについて改善方法を提案し、今出来る事、これから改善していかなければならない事を見極め、現代の環境に適合した法整備の提案も行ってまいります。

 弊社は、将来を見つめ、安全で安心出来る環境の整備「改善」に目を向け、先端技術開発と環境リスクマネジメントで幅広く寄与し、環境リスクの低減化で社会貢献する事を社是としています。

信条


野呂田 芳成先生より寄贈

お問い合わせ
CONTACT

個人情報の取扱いについて